スタッフ佐々木。

牛乳ですか?

投稿日:

こんにちは。
佐々木です。

別の記事を書こうと思ったら、

隅っこに「給食に牛乳は必要?」というアンケート的なものが・・・

約60%の方が必要と答え、残りの方が不要と答えてる状況でした。

ヘェーと思い、気になって詳細を見てみたら、

「Caを摂取する為に必要。」とか、

「栄養士さんが必要だと思って出してるんだから必要。」とか、

「タンパク質として必要。」とか、

「背を伸ばす為に必要。」とか、

「胃粘膜が守られて胃に優しい。」とかとか、

ほぉほぉなるほどなるほど。

それはまぁ大層な万能飲料ですね。

皆大好き牛乳!!飲もうぜ牛乳!!やったぜ牛乳!!

ってなりますね。

事実なら。ですが。

いや、事実な部分もあるんです。

たしかにカルシウムは多いし、タンパク質も多い。

身体を大きくする為の要素は含まれているかと思います。

なんせ仔牛があれだけ大きくなるわけですから。

そう、仔牛なら。

牛には牛の消化液や酵素があるわけです。

胃だって何個もありますし、それぞれがどういう働きを持っているか分かりませんが、

きっと各々で何かしらの役割を持っているのだと思います。

まず疑問として人間も牛も同じですか?ということです。

哺乳類で括ればそりゃ同じですが、身体の構造はまるで違います。

ゴリラやシカやらウマやらが牛乳ゴクゴクいってませんよね。

飲む環境が無いと言ったらそれまでですが、

飲む環境があっても合わないから飲みません。

飲んでも十中八九下します。

野生の動物が下すってよっぽどですよ。

で、人間でも考えたらどうなるのかは想像つくかと思います。

普段飲まない人が飲むとこれまた十中八九下します。

普段飲み続けてる人は下さないかもしれません。

何故なら内臓が少しバカになってるからで、

下す事すらしなくなってる訳です。

それでいいんかい!!って話です。

ちなみに栄養の話をすると、

カルシウムは乳糖というものに包まれていて、

乳糖を分解する酵素が無いとカルシウムが上手く吸収できません。

ちなみに日本人にその酵素はありません。

タンパク質も消化しづらいタンパク質が大半を占めていて、

消化しづらいが故に腸に長く留まり、腐りやすくなります。

腐敗すれば腸は傷むしガスが増えるかと思います。

これらを眉唾だとか極端だとか思う方もいると思います。

まあそれはそれでいいのかとも思います。

ただ、試しもせず、自分の身体の声を聞く事もせずに眉唾と思うのなら、

それほど視野の狭いことはないかと思います。

同じ人間という種でも、歩んできた歴史や文化が違うわけですし、

身体の構造もかなり違うものです。

調べるなら上辺だけとか、都合のいい部分だけではなく、

深くまで調べて欲しいのが正直な気持ちです。

-スタッフ佐々木。

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.