ブログ

脊柱管狭窄のお話に竹前プラス。

投稿日:

以前、大腸癌になる方の前駆症状に

坐骨神経痛やヘルニアが有る。という話を書いたような、書いて無いような…。

その原因説明として伝われば幸いです。

脊柱からは、神経が出てます。

感覚、運動、自律神経。

ちょっとややこしいのですが以下抜粋です。

photo:01


ベル・マジャンディーの法則。

脊髄神経は,前根・後根を通って脊髄を出る。 運動神経の神経細胞は脊髄前柱(前角)にあり、運動神経は前根を通る。
これに反し,感覚神経の細胞は脊髄神経節にあり,後根を通って脊髄に入る。

したがって、前根は運動性であり,後根は感覚性である。これをベル-マジャンディーの法則という。

ここで、私が言いたいのは

脊椎に問題が有ると言うコトは

痛い。動かない。

と言う分かりやすい症状とは別に

内臓、自律神経にもいろいろ問題が出てもちっともおかしなかコトじゃないですよ。って事です。

脊髄神経は

心身の情報を脳に知らせ。

意識的な筋肉等々と

無意識的な内蔵等々に

得た情報をフィードバッグさせて、何かしら行われます。

難しいですね…。

でも、ここで痛み止めを使うコトが、マズイコトなのはお分かり頂けますかね?

人体はすごいです。

えーと、今、指でスマホをいじってる方。

マウスをいじってる方いろいろおられると思いますが、それ、脊椎を経由して、一瞬で脳に伝え、指が丁度良い圧力やスピードで動きます。

足もそうです。

膝を曲げるのに、バランスを保ちながら、有る筋肉は縮み。有る筋肉は伸びてます。

もう一つオマケで排泄器官

オシッコを考えてみます。

オシッコは、膀胱の袋にセンサーが有ります。

膀胱パンパンやで!

が、尿意です。

で、そんなに溜まってないのに尿意。

又、尿意。

これが

頻尿、頻繁に尿意で頻尿です。

コレは、腰が悪い?弱い?コーヒーが好き?な人に起きます。

コレが上記が解れば、アタリマエな話になります。

ちなみに、自分、頻尿に近いです。

側湾症で腰も詰まっているので、そう言う事です。

まあまあ、人間のシステムは、すんごい、高機能なんです。

伝えたいコトは

この法則で、ツボってモノが、少し分かります。

例えば、胃酸を出すツボが足に有ります。

足の三里に鍼をガンガン刺すと胃酸を出します。

逆に胃を酷使するとスネが痛んだりします。

足の刺激が脳に行き、そのシグナルが臓器に行きます。

で、坐骨神経痛、ヘルニア、この方々が

大腸癌に何故なるのか?

腰椎の四番五番は、大腸兪と言うツボが有ります。

まあまあ、昔の人は、科学が無くても、そこが大腸に経由してるコトがわかってたんですね。

すごいです。

で、ココ、坐骨神経痛の根本原因で有るコトが多いのです。

コレが解れば、泌尿器も婦人科系も解ります。

で、もう一つ。

揉めば揉むほど硬くなる。

まあまあ、坐骨神経痛の方、揉まれてる方が多いんです。

この事実を知るのは、鍼灸と手技と両方出来る人間にしか知り得ない事実かもしれません…。

大先輩からの指導の中に

揉むほどに、癌になると言う話が有りました。

確かに、揉みは癖になり、やめられない人は、癌になる傾向を感じます。

軽くなら良いのですが…。

強すぎるモノは明らかに組織破壊をしてます。

癌て固まりです…。

下手に揉むと固まります。

胃が悪い人は、胃の裏の背中をグイグイ揉まれてカチカチになってます。

コレも、話が解る方なら

それは、鍼を刺せば巡るけど

ツボをゴリゴリやって更に硬くしたら、滞るんだよね。って話です。

しかし、癌になる方のもう一つの傾向が強すぎる意志です。

可愛く言いますと

ガンコちゃんです。

逆に信じてもらえると非常に信じてもらえますが…。

鍼灸の患者さんから、発癌することは、珍しい印象です。

もともとは、鍼灸嫌いな人が基本です。

なので、縁は、手術後や相当症状が進んでからのコトが多いです。

鍼灸とマッサージとの大きな差の一つに

鍼灸には癌を減らすNK細胞が増える事実、学術が有ります。

マッサージには有りません…。

ご参考までに…。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-, , , , , , , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.