スタッフ佐々木。

難経 十二難

投稿日:

こんにちは。
佐々木です。

今回は難経です。

お話としては少しおっかなびっくりなお話なのですが、

とりあえずサーッと流していきます。

十二難曰。經言。五藏脉已絶於内。用鍼者。反實其外。

十二難に、経に言うには、五臓の脈がすでに内に絶えてしまっているのに、鍼で外を実してしまう。

五藏脉已絶於外。用鍼者。反實其内。内外之絶。何以別之。

五臓の脈がすでに外に絶えてしまっているのに、鍼でその内を実しさせてしまう。
内外の絶は、どう区別するのか。

然。五藏脉已絶於内者。腎肝氣已絶於内也。而醫反補其心肺。

それは、五臓の脈がすでに内に絶えているというのは、腎肝の気(陰の気)が内で絶えている。
だが、医者が反対の心肺の気(陽の気)を補うのである。

五藏脉已絶於外者。其心肺脉已絶於外也。而醫反補其腎肝。

五臓の脈がすでに外に絶えているというのは、心肺の気が外に絶えている。
だが、医者が反対の肝心の気を補うのである。

陽絶補陰。陰絶補陽。是謂實實虚虚。損不足益有餘。

陽の気が絶えたのに陰の気を補う。陰の気が絶えたのに陽の気を補う。
これを、実を実し虚を虚し、不足を損じ有余を益すという。

如此死者。醫殺之耳。

このようにして死んでしまうのは、医者が殺してしまうということである。

最後は少し穏やかでは無いですが、

これは極端な話で、簡単な話、

足りない部分を足さずに、十分な部分に足してしまうと言う事です。

これは施術者のお話なのですが、

一般的にも言える事で、食べる物でも、運動でも、

極々単純な話なのですが足りない物を足さずに、十分な物を更に足すというのは、

無駄であり、それどころか負担になり兼ねない。

自分の中で何が足りて、何が不足しているのか、よく考えると身体には優しい。

そんなお話でした。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.