ブログ

脳疾患の予防医学。

投稿日:

近年、予防医学が見なおされています。

最近、とりだめしてあるプロフェッショナル仕事の流儀で見るのは、脳神経外科のドクター。

更には、脳神経外科から、リハビリ医になったドクターの話でした。

ここに出て来られる患者さんの多くは、脳梗塞、脳溢血、くも膜下出血等々の方々。

麻痺などで、実に人生の変わり目を目の当たり、当院の患者さんに少しでも訴えておこうと思いました。

当院も縁が有る方々です。

ここで一つ以下の症状に当てはまる方は、恐らく鍼灸を好まないが、鍼灸をする事で、首が緩み、上記の疾患になる可能性を軽減できます。

東洋医学で言う肝実の方です。

筋肉質と言うより、筋肉が硬い。

ビールと言うよりお酒好き。

サウナ好き。

強い指圧が好き。

短気と言うより、頭に血が上りやすい。

声が大きい。

よく目が赤くなる方。

髪の毛が薄い方。

これらが全て当てはまると言うよりは、この様な傾向が強い方は、体質の改善がオススメです。

更に気を付けた方が良いのが

くび猫背で、首の後ろに、真一文字のシワの横スジが有る方。

頚と頭部の付け根周辺が赤い方。

顔が常に赤らんでいる方。

傾向の体質として、鍼灸より、指圧を好みますが、治療と言う概念では、鍼灸がオススメとなります。

強い指圧によって、毛細血管、毛細神経が潰れて、鈍感になり、更に組織は硬くなり、もっと強く押してくれ!!

揉めば揉むほど硬くなるパターンの方です。

性格も気の強い方が多い為、結果として、サービス店の、素人マッサージや安いマッサージをうけまくってる方が多いです。

予約が嫌いな方も多いですが、予約がいつでも取れる所へ行くと言う事は、それ相応に治療の質のレベルを下げる事を意味します。

俺はいつ死んでもかまわない!と言う方も多いかもしれません。

脳疾患はこういう方に多く発症する傾向が有ります。

治療に関しての麻痺治療など鍼灸が効果的で有るようですが、早期にはじめる事が条件のようです。

私が経験した患者さんですと、相当後に診させて頂く事が多く、この初期症状への施術方法は知っている物の、未経験であります。

と言う事で、予防医学としてオススメしておきます。

近年、30代での発症も耳にします。

もともと動いていた身体が動かないと言うのは、死ぬほど苦しい現実だと思います。

これは年齢を重ねれば誰もが直面する現実ですが、遅らせる事も、質を上げる事も出来ます。

国民皆保険制度の日本人は、長生きは出来るけど、健康寿命は短いと言われています。

何故かと言えば、心身を壊してでも経済を回す教育を受けているからです。

薬を飲んで、症状だけ消して、また働きます。

他の国民は、医療費は高額な事が当たり前なのです。

裕福でも、西洋医学、東洋医学の保険を選べたり、両方加入したりします。

なので

健康を自分で構築するすべを良く知っています。

食べ物、睡眠、運動、自分たちで健康を作ります。

こんな方々が鍼灸を使います。

WHO世界保健機構は鍼灸の適応疾患を46疾患認めています。

心臓、肝臓、腎臓、自律神経、妊婦

知ってますか?

WHOが間違ってると思いますか?

信じられないですかね?

信じる信じないは、どちらでも良いのですが、WHOは認めています。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.