ブログ

シーズン・インですねぇ~。

投稿日:

さてさて、最近試合シーズンになり、遠征の話をうらやましく聞く日々が増え始めました。

少しアスリートの方が増え、一部、部活の子も増えました。

流石に部活だと個人競技の子がほとんどです。

鍼灸院に来る。

ココが、量産型ザクか?

photo:01


シャア専用ザクか?

photo:02


の違い?

シャアザクは、馬鹿でアホ、個性的?発達障害?適応障害?な天才タイプか?

量産型ザクは、一般常識?協調性?みんなと一緒?標準的?の違いかな?

解んないか?

解んない方が良いかな?

団体競技と個人競技の特性にも感じます。

団体でも、キャプテン、ビッチャー、などは相変わらず来られる率は高いです。

本気度が違うのかな?

そんな、ぼやきはさて置き、どうしても、部活のトレーニングとなると、チィ~と追い込み過ぎを感じます。

プラスのケア不足も感じます。

と言う事で、基本的なおさらいをしてみます。

まず、プロテイン、アミノ酸は、ケミカル不自然な物は、カラダを硬くする。
肝機能や、内臓を壊し、それ関係の故障が増えます。
膝、シンスプリントなんか良く絡みます。

早い簡単便利に強くなれたら苦労しません。

ばっちりリスク有ります。

関節可動域が狭いトレーニングでは、関節可動域を減らしやすい。

筋力、筋量が増えるほど、ストレッチもその分増やす必要が有ります。

この辺はスタンダードで。

初動負荷の本でも読みますか?

次が、修復力を高める方法を考える。

これは治療中に話しましょう。

簡単に言えば呼吸だけで、修復レベルは変わるんです。

ヒントは、休んでてもダメなときは呼吸が浅いんです。

それをひたすら超えてトレーニングすると故障率が上がります。

後は、短気は損気。

強い選手が短気か?と言うとそうでもないですよね。

自分的にむしろ、ひょうひょう、淡々としています。

負けん気が強いのは構いませんが、故障に関しては、特に短気は損気です。

乗せられるタイプはダメです。

書く言う私も乗るタイプですが、乗っかって壊れるのは頂けません。

部活は、気合と根性が強いですが、プロフェッショナルとなると少し違います。

気合と、根性で勝てる物ばかりでは無いのが上の世界と思います。

技術です。

これからの季節、沢山書くことになると思いますが、量より質です。

プロの世界で、部活のように、5時間8時間も練習している訳じゃ有りません。

後、サボる奴ほどレギュラーを取り、真面目な奴ほど故障組。

こんな良く有る話も考えてみてね。

いや~、シーズンですねぇ~。

メンタル系の方は、アスリートの考えも参考になるので利用してくださいね。

スポーツをする事で左脳が停止します。

アスリートでも意外と左脳タイプの方も居るんです。

だいたいダメです。

理屈でなんでも解ると思ってるし、西洋医学が正しいと思い込んでるから・・・。

調べる考えるより、行動して経験する事の価値が解るかも・・・。

左脳を止めて、右脳で感じて下さいね。

後、先日のフィギアスケートの大会で誰かが、故障で痛みどめ使って勝ったの?

使っちゃたねぇ。

回復するかね?

痛みどめって怖いねぇ~って会話を患者さんが言ってました。

それが解るようになると良いんだけど。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.