ブログ

花粉症。

投稿日:

花粉症シーズンですね。

長いおつきあいの当院の患者さんの多くは花粉症が軽減されている事と思われます。

例外として以下の方は、改善の実感が低いと思われます。

冬に風邪を薬で治した方。

花粉症の薬を継続中の方。

添加物を全く気にしない方。

上白糖を元気よく摂取されている方。

アルコールを元気よく摂取されている方。

これらの方は自ら原因を作る事を辞められないので、完治は難しいです。

色々な化学医療が仮説を立ててますが、実際は原因不明と言う事なので治癒は無いですかね?

医療を信じている方は、信じられないかもしれませんが医学書の多くは原因不明です。

症状を抑える事が出来る薬はいろいろ有りますが、治癒させる薬となるとほとんど有りません。

花粉症一つで

一生涯薬を飲み続けるか?

一つ根本的治癒を真剣に考えるか?ですかね?

他に有れば教えて頂ければ幸いです。

いくつもある仮説の中で、私が比較的信用している内容が、風邪やウィルスなどを治す為にある防衛機構が、解熱剤、抗生物質、風邪薬予防接種などで、仕事を失い。

どうでも良い、花粉やハウスダストに攻撃をしている説です。

なので、風邪症状に似ています。

鼻水、微熱、倦怠感などなど。

と言う事で当院では、花粉症もちの方に、風邪、インフルエンザは自力で治すようにおすすめします。

熱の意味。防衛機構の意味を切々とお話します。

と言う事で昨年自力で治された方は多少なりとも軽減しますかね?

花粉症の治療も初期は、週一回か二週間に一回は必要だと思います。

当院だと、何か別の症状で来院されてついでに治すパターンですかね?

私の鍼灸同級生の卒業論文で面白いものに、この花粉症の話がありました。

学生時代から身内などに無料で治療の検体になってもらった結果多くの方を改善させたんですね。

で、花粉症になる方の大半が医療の知識が弱く、お医者さんを確信的に信じてお薬をきっちり飲むタイプが多いと言う話をしていました。

で、東洋医学的な治療は、肝臓や脾胃を中心にしたそうです。

まあまあ、そういう事なんですね。

で、途中から今の医療の馬鹿げた点を列挙してました。

胃と肝臓の治療をしているそばから、治らないけど症状を抑える為に、肝臓に悪い化学物質を毎日のみ、胃に悪いから胃薬を出しましょう。

どんどん、胃と肝臓に悪い事を、何も悪いと思わないで続ける。

それで治れば良いが治らない。

本当に馬鹿げたくだらない医療を平気で行われているし、世の中が狂ってるとも・・・かなり熱く話してましたね。

彼の前職は、弁護士事務所で、鍼灸学校卒業後も、東洋医学で有名な病院に勤務しているようです。

まあ、私も今の医療は問題を山ほど内包していて、それが次世代に継続されるのは心配ですね。

でも、東洋医学を推奨するお医者さんや、ローフードなどお勉強しているドクターの話も聞きますし、当院も、一日に一人ぐらいは医療人の患者さんが来られてます。

そろそろ、変わってきそうです。

医療保険が破綻しても、生き残る医療が本物です。皆さんが必要とされる物です。

医療依存し続けてても心は自立しません。

自分で自己管理して、自立しないと心は満たされないように思います。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.