ブログ

原因不明のアレルギーなどの仮説パート2

投稿日:

ハンバーガーが腐らなくて怖い?

もっと腐らない物。

それが、サプリメントやプロテイン、アミノ酸などなど。

更に食品添加物の基準を超えて使用を許されるもので腐らないのが薬品。

必要な物は必要と言う事が大前提ですが・・・。

物によっては胃薬を同時に処方されますが、胃だけに負担が掛かるものばかりではありませんよね。

肝臓、胆嚢、腎臓。

毒をもって、毒を制する。

基本をお忘れなく。

ぼちぼち、花粉症を気にされる患者さんも増えて来ましたが、週一回程度通われていて、それ相応の食生活に変えている方は、それほど心配は要りません。

少なくても楽にはなると思います。

今年から花粉症の治療もしてみたいと、お考えの方は、以前にも書いたように風邪薬、バ○ァリンなど使われる方、花粉症の薬で症状を押さえ込んできた方など、簡単では有りませんのでご理解頂ければと思います。

化学系の仮説としても、インフエンザや風邪菌を殺す為に働く防衛機構が仕事をもてあまし、花粉に攻撃をしていると言う説が有ります。

東洋医学に関しては、肝、脾、胃の治療の方が多いので、薬で、胃や肝臓を傷めてきた方はそれらが改善するまでは、実感を感じるまでしばらく掛かりますのでよろしくお願いします。

悪くなる物を知りたければ、症状を悪化させると理解しやすくなります。

○風邪薬。その他の薬品。
○白糖を毎日取る。ケーキやアイス、チョコでも構いません。
○アルコール。
○ストレス

それぞれ、それ相応に摂取してみて翌日の症状の状態をチェックしてみて下さい。

注意点。
その日の気候や状態もご考慮下さい。
人体も自然物です。

悪化させる為にいつもより多く。
これで悪化を実感すれば、原因が自分自身で理解できます。
悪い物を知りたければあえて多めにやってみましょう。

最後に、西洋医学や、科学で立証されるものでは有りません。

詳細は体に出ますので、見ないと解りませんし、治療するまで本当のところは解りません。

財を得んと欲すればとかく失うもの多くなりけり。

と言いますが、心身までも失わないようにご注意下さい。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.