スタッフ佐々木。

ちょっとした肝の話。

投稿日:

こんにちは。

昨日の雪凄かったですね。

今朝はさすがに車は無理だろうということで、

バス・電車で来たのですが、

バスが目の前に停車する時に、

扉が開きながらツツーッと前に滑っているのを見て

「このバス大丈夫なのか!」と半信半疑で乗車した佐々木です。

今日は肝に関するちょっとした小話をしたいと思います。

唐突ですがよくむせる人って周りにいませんか?

こういった方の身体を診ますと、

よく肋骨が開いていて出っ張ってることが多いです。

これがどういう状態を示すのかというと、

肝が上に来ていると起こります。

肝が上に来ることで胃の入り口を抑え、咽喉の通りを悪くしたり息が苦しくなったりすると言われています。

肋骨が開いてる人はそれが自分の体型だからって考えて放ってしまうのは

勿体ないかもしれません。

治療をすれば、肝が下りてきて肋骨も少し下がってくるものですから。

肝だけで言っても他に硬さや傾きなどで色々と体質が変わります。

それが肝心脾肺腎で多種多様に診ることが出来るので東洋医学は人を診れるのだと思います。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.