ブログ

コーヒーと腰痛。

投稿日:

ぎっくり腰の方にはコーヒーの中止を願います。

コーヒー。
一つで、ガン細胞の抑制など諸説いろいろあります。

が、

東洋医学的、食事療法を考えると、南の食材であり、更には木の上、と言う事で、冷やす作用が有ります。

おまけで利尿効果も有ります。

南の国では、冷やす作用が有る。

砂糖、バナナ、コーヒーは必需品ですが、日本では、冷え性の原因の一つです。

そして、東洋医学的には、腎虚と言う証になる傾向が有ります。

①すぐ横になる。
②声が小さくなる。
(自覚が弱く、人に聞き返される事が増えて来ます)
他覚的に、えっ?、なに?って感じです。
③カラダが重い。
④腰痛。

たまに、手足の多汗症。
くすぐったがりなど。

軽く進行して、
白髪、難聴、耳鳴り、耳こもりなどなど。

メンタルへの影響。
高所恐怖症や、不安症、心気症、パニック障害などなど繋がります。

腎虚を助長、悪化する行為。
過度なセックス。
働き過ぎ。
夜更かし。

東洋医学的に、腎臓の親で有る肝臓を酷使する事でも、腎臓を弱らせます。

なので、大酒のみの方もご注意ください。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.