ブログ

予防接種と発熱。

投稿日:

この時期になると結構高頻度に話す内容が、風邪も、インフルエンザも、自分の体に治す機能は備わっています。

更に、今を取らないで、将来を取るのなら、自分自身の自己免疫を使い治す方が良いんです。

どうしても、今を取るのなら、少し頭に入れておいて下さい。

風邪薬を使う人ほどアレルギー体質になりやすく、解熱剤を使う人は、冷え性になりやすい。

そして、薬は健康に良いものでは無く、必ず内臓に負担がかかり、自律神経、自己防衛機構にも問題を発症します。

あくまでも、毒をもって、毒を制す。事をお忘れなく。

その毒性はカップラーメン以上に毒性は強いんです。

だから胃薬が必要なんです。

本日も、予防接種の後、寝込んだ方が来院されました。

毎年欠かさず受けているそうです。

以前テレビで、予防接種を毎年受けるけど、毎年、インフルエンザにかかると広末涼子さんが話してました。

簡単な話、やればやるほど弱くなる可能性を秘めています。

熱を上げるのは、菌やウィルスと戦っているからです。

それを、安易に下げるのはいかがなものか?

下痢や嘔吐もあなた自身の体は出したい!と言う反応で出すものですから止めるにも一考必要かと思われます。

妻が、幼稚園で、医師の講演会があるらしく質問があればご記入ください。と言う紙に、熱を下げたほうが良いのか?下げないで障害は生まれるのか?と言う問いを記入していました。

傍らには、小児科医の医療本があり、この本の先生は、熱を下げる必要はほとんど無い。と書かれています。

で、それを見た私は、奥様との喧嘩をさける為に、俺に聞かないでね!と言いました。

それが、逆効果で、何?知ってるの?教えてよ!と、なりました。

うちの奥様は、一般家庭に育ちましたから、予防接種は全てとどこおり無く受けてきました。

風邪や熱となれば病院に行き、医師の指導の元、処方された薬を飲んで来ました。

方や、私といえば、予防接種を受けた記憶などありません。
病院に行った記憶も数回です。

全て、自己免疫でやっつけてきました。

当院の患者さんや、ヨガや、東洋医学などと関わりの強い方々は、自然の摂理に基づき、民間療法や先祖代々の治療法を軸に子育てをされていると思います。

で、奥さんの質問に対しての、私の答えはこうです。

奥さんが持っている本は、普通の小児科医(どちらかといえば自然な医療を考えた医師)が自分の善悪に基づいて、正しいと思う内容を出している著書です。

そして、今度聞きに行く講演会には、何処底大学教授、○○病院理事などなどと立派な肩書きが記載されています。

おそらく、答えは、別々になると思うよぉ。

けど、医療とはそう言うもんなんだ。

医学と言う教科書を作る過程で、分かって無い事は山ほど有る。

でも、これが妥当と思う方法をの誰かが決める。

それが医学の教科書なんです。

なので、鍼灸一回で劇的改善が得られる疾患でも、病院では、たいそうな検査と、診察、電気、マッサージ、と、沢山の薬を頂いて、治らない。

でも、西洋医学的には、正しいんです。

なぜかって、それが、教科書で決まっている正しい事なんです。

だから、その教授の講演会で質問したら、答えは教科書どうり。

脳に問題を起こす可能性が有るから、熱は下げる。

これが、教科書的な正解。

でもね。

世界平均の8倍の薬を消費する日本では正しい事でも、人類において西洋医学が正しいの?と言う事です。

同じ、教授でも真反対の事を言う人も居るし、どれが正しいか?どれを選ぶのか?それは自分自身が決める事です。

だから、大学病院で微塵も良くならなかった方が当院にはチラホラ居る。

なので、アンケートにあえて保健医療との比較を質問させて頂いてます。

で、多くの方が少なくても保健医療以上の改善に○をしてくれて居ます。

でも、自分が行っている事は、教授たちが簡単に認める事は出来ないと思います。

なんでって、鍼灸がどのように効くのか?どんな結果をもたらすか?を知らないのですから・・・。

今日も患者さんが、タモリさんが鍼灸院に通う話をしていました。

で、石原さんや、小泉元首相、スティーブンジョブズ、アイススケートのキムヨナなど、メジャーな人は鍼灸に通う話をしました。

と言う事です。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.