ブログ

指導法。

投稿日:

今日は患者さんと部活、クラブチームの指導法の差、そこに所属する選手の違い。

其処から、アメリカでは、長所を伸ばすトレーニングが主流である話になりました。

野球で打つのが得意であれば、打つ事。

投げる事なら投げる事。

ポジション別にトレーニングをします。

日本の場合、皆で走ったり、皆で筋トレ、皆で平均になるように近づけます。

これも、悪い事では無いのですが、子育て、スタッフ育成で思うこととして、

短所を修正する事で、長所が輝きを失う事が有ります。

これはダメ。

こうしてはダメ。

明るく元気な子が、我慢を続け暗くなるかもしれません。

そんな話を、佐々木先生にしたところ。

短所は、何と言うか、光の影のようなイメージ有りますよねー。

と言ってました。

ザ陰陽論
$しんごマンのブログ

天才と言う名の欠陥品。

天才と馬鹿は紙一重。

と言う事で、バカも天才も、その光の出方の様に思います。

なので、簡単に人を見下げたりするのは、固定概念の写し出しかもしれません。

実は、固定概念が強い=ストレス強になる場合が意外と多いんです。

○○でなくてはいけない。
普通は○○である。
常識的には○○である。

全ての言葉を修正すると

わたしは、○○でないといけない気がする。
私的には○○である。

キャパが広がると、許せる幅が広がり、ストレスが減ります。

固定概念が強いと、自分の枠にはまらない人にストレスを感じます。

参考までに・・・。

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.