ブログ

80%の継続。

投稿日:

先日、話した。

トッププロは80%を継続し続けると言う話の続きです。

もちろん。
120%の時も有ります。

ただ、60%も有ると言う事です。

足して割っての%です。

これは、思いっきり、好きな事を楽しんだ方にしか分からない世界かもしれません。

気持ちが乗らなければ、無理。
100%以上は出ません。
故障もしかりです。

ダメな時はダメ。

そこで、引けないと、治療者から見て、消える率が高い人に見えます。

もちろん、やる時は、やる。

ダメな時や故障も含めて、トッププロ。

もちろん、俺だって、若い時はもがきまくりましたよ~との事です。

で、思い出したの○京大学教授。学年一番の天才学生くん。社長。プログラマーさん。

この方達も、皆さん色々なのでしょうが、早いうちから120%の継続のしんどさを知ってるんですね。

天才君は、親が心配するほど、朝まで勉強を楽しんでしまう程の子でした。

だから、自律神経が乱れちゃったんですね。

そこで、意外と当院では教授やプログラマーさんなど、似通った経験が有りましたので、天才は体調管理をしてますよと言う話をしたんですね。

やる時は、やる。

やらない時は、やらない。

完全に抜く。

社長やプロ選手の一部は、思いっきり遊ぶ。

げらげら笑う。

海外に旅に出る。

結果、一つの事と向き合ってる人達以上にメリハリがしっかりして、やる時に120%が出ている気がします。

選手も、まじめ一辺倒の方もいますし、人それぞれでしょうが、治療していて、理想的なのは、メリハリはしっかりしてる人の様な気がします。

気持ちの持って行きかたまで知ってます。

知らない人は、ひたすら、気持ちを上げるだけを考えます。

下げて上げるから、120%出ます。

ある競技の方が一言。

抜くとこ抜けないと言うことは、センス無い。と一言、言ってました。

痛烈に印象に残ってます。

確かに、抜きどころを知らないで、全力で走り続けたら、車のオーバーヒート言うことです。

若年から、年輩まで見させて頂いてると見える光景が有ります。

常に100%を超えて生きてきた人は、多くの対処療法や治療に依存します。

痛み止め、即効性、それ以外の、緩やかな上昇を理解できません。

簡単な話、寝てれば治る疾患は山ほど有ると言うことです。

でも薬を飲んででもやるべき事が、常に続く人は、体を壊す傾向に有り。

痛みと共に生きる傾向に有ります。

それで、人生は豊かになるのでしょうか?

iPhoneからの投稿

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.