ブログ

鍼灸院を作った実業家。

投稿日:

以前、お話した。スキー場で一緒にはたらいていた奴が鍼灸院を開業してます。

何だか元有名人の鍼灸師を使って、今年から本格始動している。

かなり一等地に作られてます。

今度、オフィスに初回のみ100人、数人で無料出張をするらしい。

腕が良ければ、鍼灸界にとって良い行動です。

ただ、ビジネス主体で客引きの腕の無い連中を送る事は返ってマイナスに働く事もある。

ここの、院長も資格を取ったばかりのよう。

そこで、働くスタッフはそれ以上伸びないでしょ!

女性で美人と来ればビジネスとして上手く行きそうですが、良くも悪くも今後その一回で鍼灸はと言う言われ方をする。

その一回が、鍼灸がああだこうだと言われる。

良ければ、良いが、悪ければ最悪な影響を業界に与える。

寿司なら、色んなお店を回るが、鍼灸は1回でどうこう言う人がいる。

それをやるなら、素人集団はやめてほしい。

サービスも良いけど、勝負かけるならなおさら、腕の良い奴を集めてほしい。

患者さんによく言う事ですが、今、整体・カイロなどの民間資格、整骨院は増えに増えてます。

しかし、鍼灸院は増えません。

ダメな所は、淘汰される。

これは、それだけ生き延びる事がとても大変だからです。

実際、主婦鍼灸師の様にバックボーンが無く、それだけで食べている人を数えれば、柏も、いったて少人数です。

3年前、自分がココで起業する数ヶ月前に近所に出張専門の鍼灸院が有った。

今は、もう無い。そんな感じです。

鍼灸に求められる物は、自分は効果や結果が一番大事だと思っています。

それは、職人世界だと思ってます。

女性の料理長はとても少ない。

この業界も、同級生の3分の1が女性でも、女性の院長が長く続ける事はほとんど無い。

それを知った上で、ストイックに頑張ってほしい。

自分的に偏見的に言っている訳では無くて、現実的な数字だと思います。

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.