ブログ

保険診療の落とし穴

投稿日:

鍼灸も保険診療になればいいと自分も思っていた。

当院の全身治療4000円が三割負担になれば、1200円、老人なら一割なので400円そうすれば、遠慮なく来れるだけ来て下さいと言える。(現状、医師の同意書付きで、一律1000円補助)

しかし、ベテランの先生と話してみて、ある時少し考えが変わった。
 

日本人は、保険というシステムにより、自分で体調を整える事をやめた。

自分で予防をしなくなった。
疲労に疲労を重ね、睡眠も満足に取らず、運動もしないで、食いたいだけ食べて、酒も遠慮なく飲む。

それで、体がおかしいと医療にかかる。
これでは、いくら医療が発展して保険料が安くなっても病人が増える一方。
医療の国家予算をいくら増やしても足りる訳がない。
医療は、高額という認識がまったく無い。
それは、医療者側も、患者側も同じで、これぐらいの金額でとしか思わない。

※これは、整骨院時代に感じていた。窓口では500円でも保険請求をかけるので2000円~4000円にはなるが、治療者も、患者さんも500円の気分なのです。
なので平気で毎日来てくださいなどと言う。

しかし、保険の効かない治療院で同じ2000円の治療への気持ちは全く別物、患者さんから受け取る2000円と保険からくる2000円では重みが全く違う。
とても、毎日来てくださいとは軽々しく言えない。出来る限り来てくださいとお願いする。

お金というのは、その人が頑張って、大変な思いをして手に入れる物で、それを直接受け取る場合と、保険から頂くのでは重みが違いすぎる。

その先生が言う、全ての医療から保険が無くなったらどうなると思う?

長い時間待たされ、実際の診察は数分間の流れ作業のような医療も、時間をかけて行う鍼灸やマッサージも実際の医療費はほとんど変わらない。

保険が無くなっても、電気治療やシップやお薬を欲しがるかね?
もちろん、必要な人もいるが、実際必要の無い人にお薬を多めに出したり、シップを箱ごともらってくる人もいる。
人の損得勘定が先に出て、訳がわからない状態だよ!

 

医療人も元をたどれば宗教家の人助けだったが、今では大半が人生の安定や成功者を目指す人間が多い。
金を頂いている以上自分達も同じだが、倫理が失われてきている。
必要な人ももちろんいるが、必要のない方もいると思う。

それに医療が高額ならばまずは、自分の体調が一番大事な事に気づく。
今の時代は医療者も患者さんも高額な医療を受けている認識は無い。

 

日本は、薬品、医療機器の販売数は世界トップレベルでMRIの台数も世界で一番所有している国です。
考え方によっては医療の先進国は、患者さんが増える様にできている。

もちろん保険が本当に必要な人はいる。
しかし、倫理や道徳心の欠落した人もいる。
それが今は、放置されている。

日本の発ガン率は2人1人にまでなった。
保険という見える部分が大き過ぎて、自分の身体という当たり前のものを逆に見落としていますよね。

-ブログ
-, , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.