ブログ

小学生の万引きから学んだ事・・・。

投稿日:

年末年始、娘と出掛けたすばる書店で

 

小学1~2年生の万引きを目撃してしまいました。

 

 

竹前の目の前で

 

カバンに鉛筆を突っ込んでいるので

 

「えっ!」

と大きな声が出てました。

あまりの衝撃に何が起きたのか?

 

意味不明になって

「えっ⁉」しか出てこなかったんです。

 

 

彼女は別の場所に行ってカバンに入れてました・・・。

 

彼女の周りにも同世代の取り巻きが居て

 

○○ちゃんがアレが欲しいって・・・。

 

う~ん仕方ないなぁ良いよ。と

 

何故か友達のモノを

万引きした子が買ってあげるのです。

 

ますます意味がわかりません。

 

 

いや、金や物で、承認欲求満たしてるのは解るんですが・・・。

 

人によっては、すぐにその場で叱らないとダメでしょ!という意見も多々ある訳ですが・・・。

 

竹前は

 

何も言えませんでした。

 

 

イメージ的に

 

どうした?

何があった?

 

が先で何も言えませんでした。

 

この子の家は

どんな家?

どんな親なん?

 

ネグレクトや虐待。

 

この小さな子が捕まって警察沙汰になったら・・・

 

 

学校の先生や保育園、幼稚園の先生から色々な親の話も良く聞きますし。

 

 

そんな感じの話をしては

 

患者さんに答えを聞き。

 

また色々教えて頂く訳ですが・・・。

 

 

非常に、良い話が聞けたなぁ~と思った話は・・・。

 

学校の前に

 

よくあるお店の店主の

 

万引きをした子供の親も、また色々という話でした・・・。

 

 

子供の犯した罪に

 

地面に頭を付けて謝罪する親。泣きながら謝罪する親。

 

そんな親を見て・・・、子供は、もう二度とやるまい。と思うけど・・・。

 

 

中には、「で、いくら払えばいいんだぁ?」という親御さんもいるようで・・・。

 

多分、その親の子は、またやると思いませんか?という話でした。

 

 

心から謝る気持ち。反省し謝れる人。

 

これは人として

 

とても大事ですよね。

 

 

また子供の

 

言動の川上には親がある訳ですから・・・。

 

人として親として

気を付けないとですね・・・。

 

キチンと謝れる人間でありたいもんです。

 

 

後、スノーボード全盛期の20代前半、スキー場の山頂レストランでバイトしている頃。

 

喧嘩した仲間を許さず無視していた自分にオーナーが教えてくれた事です。

 

「竹ちゃん!許せる人間と、許せない人間、どっちが器が大きいと思うよ」

 

「謝れる男と、謝れない男。どっちが良い男だと思うよ」

 

そんなアドバイスで

 

仲直りした事が有りました。

 

ちなみに、そのオーナーは今は市長になってました。

 

 

 

という事で

 

さだまさしさんの歌でも

 

 

ではでは

 

本日も

 

良き一日を!!

 

 

image

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.