ブログ

治りたい 治りたくない

投稿日:

はじめまして。

数か月前からひっそりとお世話になっております

松崎です。

どうぞ宜しくお願いします。

竹前さんには、色々と相談に乗って頂いています。

施術者としての心構え、理想なんて

結論の無いお話をけしかけては

その答えに毎回感服しています。

今回出した問答

『自分の状態に向き合わない人は

良くならない、結果を出し辛い。

どうしたものか?』

竹前さんからのお言葉

『それはわかる。そんな事はある。

自分の言葉ではないが、

そもそも良くなったら困る人がいるって。』

目から鱗です。

そして、過度に納得!

私個人の勝手な思い込みの話なのですが

身体の不調、異変と向き合えない人たちもいます。

体調が良いのが『本当の自分』で、

体調が悪い今の状態は『何かの間違い』

そういった方に対して松崎は

身体に対して真面目に向き合えていないなぁと思います。

身体は異常にバランスを取るように出来ています。

例えば突然片腕が使えなくなったら

生きる上で不便にはなりますが

健常に動く部位を工夫して使って

生きてはいけます。

ですが、その分どこかに負担は間違いなく出ます。

今不調を感じている人は

何かしらのバランスを崩して、

他の部位で補ってなんとか凌いでいる訳です。

ですから、不調を感じているのは

何かしらの原因があります。

前までは『たまたま不調に気付かなかっただけ』で

不調に気付いている今が『本当の自分』です。

で、自分を正当化するために

何かに責任を全て押し付けます。

不調になったのは

『自分は正しい、相手が悪い。そのせいで今不調。』

『自分の理想は本当は高いの。でも今は出来ないの。不調だから』

『体調さえ良ければ、本当の自分は凄いの!』

なんて。自己肯定します。

そういった人は『何かのせいで』と言い訳する理由が欲しいので

『身体が辛いのー。治らないの困る。』と言いながら

根底では治らなくて良い。

治すために色々と病院や治療院を巡っている私

↑自分に対しての肯定

でもよくならないの!なんでかわからないけど‼

↑自分以外への攻撃

それで精神の安定が図れるので

治る必要がない。

治らないのは治療家のせい。

私はこんなに努力しているのに‼

治らなくていい人の完成です。

今まで色々な理由があっての不調。

鍼をちょっとやって良くなる

身体を揉んで良くなる

そんな都合が良いお話はありません。

ちゃんと生活を見直して、何かに気付いて自制するのが先。

私たちに出来るのは、そのお手伝い位です。

その為には『ここを見直してみては?』と言います。

一緒に良くなる為に考えていきましょう!

ちょっと何を言っているのか迷っていますが

治らなくて良い人達はちょっと勿体無いなぁと思います。

そんな事に気付かせてもらえる『海陽堂』

凄くありがたいのです。

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.