ブログ

天使と悪魔の歌詞を考える。

投稿日:

いじめは正義だから悪を懲らしめてるんだぞ

そんな風に子供に教えたのは僕らなんだよ

大人 VS 大人の

正解・不正解のバトル

テレビで子供らに教える

誰が間違ってるか

正義のヒーローは

悪党を倒すものだと

子供はテレビを見て思う

悪は滅ぼさなきゃね

もし僕らが正しくて

君らが間違いなら

僕らは戦う運命にあるの?

僕らはいつも

答えで 戦うけど

2つあって初めて

答えなんだよ

悪魔と天使の世界で

あちらが正しいとか

こちらが間違ってるとか

わからないんだ

悪魔と天使

僕らが どちらなのかなんてさ

わかるはずもなければ

わかりたくもない

正義が支配する

最悪な世界では 

majorityこそが正しいと

みんな間違える

正義を生み出した神様

聞こえてますか?

あんなものを生み出したから

みんな争うんだよ

戦うべき悪は

自分の中にいるんだと

世界のせいにしちゃダメだと 

僕はそう思ったんだ

何かを変えるってことは

自分自身も変えるということと

ほとんど同じなんだよ

僕らが変わるってことは

世界を変えるということと

ほとんど同じなんだよ

悪魔と天使の世界で

こちらが正しいとか

あちらが間違ってるとか

わからないんだ

賛成と反対の間に

答えが生まれればいい

正しさを主張するだけじゃ 

答えじゃないんだ

否定を否定するという

僕の最大の矛盾は

僕の言葉 すべて

でたらめだってことに

なんのかな

私は、鍼灸師としてこの歌詞は非常に的を得た素晴らしいモノだと思います。

一方で、意味の解らない方にとっては

くだらない歌にも思えるようですね・・・。

私が思う事は

この歌の後半にある。

戦うべき悪は

自分の中にいるんだと

世界のせいにしちゃダメだと 

僕はそう思ったんだ

何かを変えるってことは

自分自身も変えるということと

ほとんど同じなんだよ

僕らが変わるってことは

世界を変えるということと

ほとんど同じなんだよ

これは、インサイドアウトサイド。

鏡の法則。

引き寄せ。

素粒子。

波動。

色々な所で書かれている事と同じですよね?

正しいとか間違っているとか言う方は、簡単に言うと

人を責めて、自分を正論化しようとする方であり。

反面で、自分を変える努力はしない点に置いて

甘い。とも言えます。

ここにも歌われているように

何かを変えるという事は

正に自分を変える事ですし。

自分が変われば世界も変わる。自分の見える世界も変わる。

という事も事実だと思います。

最近のお子さんを治療してて思う事の一つに

親は

正しい事と

間違いを一生懸命教える事より。

極端に言ってしまえば

正しいと間違い。

負けず嫌い。

争いの元ばかりを教え。

生まれた事への喜びが少なく思います。

どっちが、嬉しいのか?楽しいのか?

を伝える事が大切に思いますし。

子供を変えるには、間違いなく自分の変化も必要に思います。

まずは、自分が楽しんで見せるって事でしょうか?

願う私も

楽しむ必要がありそうですね。

意志は自由です。

何を選び決め生きているのは自分です。

あきらめるのも自分。

やるのも自分。

と言う事で、今日も昼休みにホームセンターで、木材を買い。

チョイチョイ、院内工事を進めております。

自分でやると

愛着が違いますね(=⌒▽⌒=)

スマイル!!

AIさんの歌でも・・・。

一白水星の本質的な歌にも思うので

オススメです。

ちなみに「世界の終り」はだいたい六白金星でしたね。

どちらも良い感じに思います。

サンキューベリー

image

マッチョ?

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.