スタッフ佐々木。

膝の痛みを治すのはこの時期がギリギリ。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

風が冷たくて冷やして身体の節々が痛くて困っちゃってる人もいるんじゃないかと思う今日この頃。

特に怪しいんじゃないのかなぁっていうのが膝ですかね。

痛いの我慢してたりしてないですか?

もしそうなら冬になる前に治した方が身の為です。

きっと痛みが増すか、固着して、

来年になっても中々治らないってことになりかねないです。

だから今の内に、っていうのがこちらの言い分だったりします。

こうは思っているけども、

知らない、伝わらないというのが正直なところだと思います。

そして冷えることで痛みが出易くなることが知られてないからなのか、

痛みが出た時の対処として患部を冷やしてしまっている方が時折いらっしゃいます。

これはハッキリ言ってダメな対処になります。

痛みの出方などを想像すると恐らく炎症などが起きている訳では無く、

筋肉が固まっている事がそのまま原因になっていたり、

そうなることで神経を狭窄、刺激することによって痛みが出ている場合があります。

それであるならば、冷やす事は逆効果でむしろ血流を悪くさせ、

より固めて、より神経が刺激されるような事になります。

結果的に一時的に緩和したかと思えば、

痛みがぶり返して更に痛みが強くなったり長くなったりしちゃうんですね。

それでは困りますよね。

簡単な話、普段は温めてもらう方が無難な対処になります。

冷やすというのは実はタイミングが難しいです。

冷やし始めるタイミングというより、

冷やすのをやめるタイミングが難しいです。

だったらしばらく続いてる痛みなら温めてしまって下さい。

それで血流を上げて筋肉を緩めることに努めて頂ければと思います。

そしてもう一つ認識して頂きたいことに、

冷えるというのは物理的にだけでは無く、

中から冷やすものもあることを知って頂きたいです。

ズバリ食べ物なのですが、

砂糖に始まり、コーヒー、バナナ、パイナップルなどの南国の果物、

トマトやきゅうり、ナスといった夏野菜、

食べる時期が時期だとガッツリ冷えます。

砂糖をどの時期に食べてもエライ冷えるものなので、

それを知った上で摂る摂らないを考えて頂ければと思います。

身体の内側から冷えると腰なども硬くなってきますので、

その先の流れも悪くなって膝などにも痛みが出たりします。

激しい運動をしたり、グネったり、ぶつけたり、膝を痛めるようなことをした覚えがない場合は、

結構な確率でこういった食べ物絡みからくることが多いので、

色々試しても治らないのなら、食の見直しがオススメです。

冷やすことで胃が疲れていることもまた要因の一つになりますので、

胃の疲れを取る事と、腰の硬さを取る事と、膝の痛みを取ることを

セットで出来ちゃう鍼灸もこれまたオススメです。

両方できれば冬になる前になんとか治し切れるかな?っていうタイミングですので、

先延ばしにせず今の内に1手宜しくお願い致します。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.