ブログ

自律神経や自己免疫力を、育み。育てる。

投稿日:

信じられない方には、信じられない話なのでしょうが…。

自律神経は、免疫力は、子供の時は、親が作り上げて。

その後は、自分自身が育てるモノだと私は考えます。

眠る時間。起きる時間。

頑張る時間。楽しむ時間。休む時間。

風邪を治す力。

水疱瘡(みずぼうそう)に蕁麻疹(じんましん)、麻疹(はしか)、インフルエンザ

全て、看病さえ間違わなければ、99%薬を使わず心身の免疫にて治癒する事が出来る。

こう言う経過を経て

インフルエンザをウィルスを散らすキャリア(宿主)が乗る電車に乗って、羅漢する人、インフルにならない人の違いが生まれる予測が立つ。

免疫力が強いのは、自分の心身に備わっている防衛機構によって戦った経験を豊富に持てば、安易にかかる事は少ない。

しかし、一般的に、当たり外れの著しい予防接種。

熱が出れば解熱剤。

風邪やウィルスに効果が無いと立証されているにも関わらず処方が続く抗生物質。

鼻水、咳、それぞれに、心身は必要で出しているのに強引にとめる。その場しのぎの対処療法。

こう言った育ちの方々は簡単に、ウィルスを貰ってしまう。

更には、自分自身で短期間で治す方法を知らない方が多い為。

やたらと症状が長引く。

このように、自律神経も、植物神経と言われるように

植物を育むように育てる概念を持てると良いと思います。

水を与えすぎてもいけない。

水が少なすぎてもいけない。

一から十まで同じ考え、教科書通りの偏った考えは、逆に危険に思います。

その植物が、もっとも華を咲かせる生き方はそれぞれ異なり。

それぞれに、塩梅の良い。

愛と厳しさが必要だと思います。

ガーデンデザイナーの話では有りませんが

そこには咲けない華を薬品を使ってそこに咲かせては、いけないのではないのでしょうか?

自律神経失調症、パニック障害、鬱・・・。

今の時代、そう言う方が増えました。

それを薬でどうにかしようという方も増えました。

薬では治りません。

薬剤師でも聴いて下さい。

鍼灸でもただただ、治療を受けているだけでは根治しません。

これは、癌であれ、リュウマチであれ、バセドウ病であれ同じです。

でも、当院の患者さんは、治癒します。

その理由は

自己管理を覚えてもらうからです。

それを変える事無く治癒する事は、どんな優れた治療であれ、治癒する可能性は非常に低いと思います。

今日も優秀な佐々木先生を餌にしてしまいますが・・・。

佐々木先生

当院に来るようになった頃

仕事帰りにコンビニに寄っては、スィーツを買って帰るという習慣。

結構な頻度で酒を飲む子でした。

でも、それを辞めるようになって、気がついた事が有ったようです。

食べ物の質が悪いと

背中が痛い。って事です。

長く佐々木先生を見ている方にちょっと気がついて欲しい点が有るのですが・・・。

彼は、元々、今どきのゲーム好きな子供のような、結構な頚猫背でした。

今は、結構、猫背が軽減してます。

これも

自律神経を育むって事ですし。

免疫を育むという事です。

-ブログ
-, , ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.