スタッフ佐々木。

冷えるので。

投稿日:

おはようございます。
佐々木です。

毎日朝夜が寒いので冷えがちょっと心配な今日この頃です。

冷えが身体に入り込めばあれやこれやと症状が出易くなりますが、

簡単な方法で多少は冷えを軽減させることが出来ます。

日常的なことでやれるのですが、さぁなんでしょうか。

まぁお風呂なんですが、

このお風呂の入り方一つで冷えを軽減させて、

免疫力をアップさせちゃったりできるワケです。

普段汗が全く出ないという方も汗腺を機能を少しでも回復させられます。

ではまず皆様は普段どういったお風呂の入り方をするのでしょうか。

カラスの行水?

半身浴?

ぬるめのお風呂?

熱めのお風呂?

大体こんな感じでしょうか。

大体こんな感じでもいいのですが、

ぬるめで半身浴・・・オススメしません。

カラスの行水・・・折角だからもう少し入りましょう。

お風呂も入り方一つで、産熱>冷え が 産熱<冷え になってしまいます。

ぬるめの半身浴は特にそうなのですが、

まず体温よりほんのちょっと高いぐらいの水温では、

上半身から入ってくる冷えの方が強いです。

お風呂から上がってもポカポカしてる時間はほとんどないのではないでしょうか。

ということで今回オススメしたい方法はぬるめで半身浴の逆です。

熱めで肩までどっぷりです。

42℃ぐらいに入れるならそれぐらいがオススメです。

大体15分も入れば身体の芯まで温まります。

芯まで温まると上がった後もポカポカが長く続くはずなので、

いつも温まりきってなければ違いがすぐ分かるかと思います。

熱い場合は40℃くらいでももう少し長めに入れば同じ様な効果が得られます。

このポカポカの時の体温は38℃近くまで上がるらしいのですが、

これが大事なんですね。

熱が出る時の反応というのはどうなるかを考えてほしいのです。

免疫系統が働いて熱が上がり、血流もぐわーっと上がるワケです。

顔はポッポしますが、ツヤツヤしてることが多いかと思います。

この入浴で起こる現象というのは、この熱が出た時と同じようなことが起こります。

HSP(ヒートショックプロテイン)というタンパク質が活発になるのですが、

身体の細胞の修復や免疫力を上げる作用がある為、体調を整えるには有効な入浴だと思います。

ちなみに体調を整えるだけでなく、全身の代謝が上がるので、

頚や肩のコリも多少なりとも緩和されるかと思います。それに付け加え、肌もツヤツヤになります。

入浴の仕方を考えるだけでも体調の整え方に幅が出るかと思います。

これは普段熱いのが苦手な方には大変に思えますが、

週2回ぐらいでも効果は十分あります。

いきなりやるのは不安という方はまずぬるめのお湯に入ってから、

徐々に温度を上げていって大丈夫なところまでやってみて下さい。

ちょっと冷えやすくなった時期になりましたので、

冷え対策。

いかがでしょうか。

朝から Let's バスロマン!!

ということで今日一日一人ですが宜しくお願いします。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.