ブログ

海に行って思うコト。

投稿日:

毎度ですが、久しぶりに行くサーフィンは簡単では有りません。

言うはたやすく。

行うは難しく。

でも楽しいので

良い仕事、良い環境づくりには

良い趣味が必要だな~。

そして、一人旅をしてた私のようなタイプは

一人の時間も必要。

どう振る舞っても、自分勝手に見えるでしょうが・・・。

最大限に気を配ってる時も有るんですね~。

でも、それって、本来もっとワガママな私としては、疲れるんです。

なので気を配り続けた日々から

一人になる瞬間にホッとしてしまいます。

そして、あるハプニングに遭遇。

差し出せる物は、どんどん差し出せ。を、思い出しました。

知らない人が、忘れ物したようで…。

海に入れなかった様子。

チャンス到来で、勇気を出して話しかけ、差し上げました。

嬉しそうで・・・。

こちらも嬉しい気持ちになれました。

そして

海から上がると

知らない、おじいちゃんに話かけられた。

おじいさん。「海の水は冷たいかい?」

私。「ま~だちょっと冷たいデスね!」

おじいさん。「冷たいよな~」

「風が冷たい」

「昨日の夜は、寒かったよな~」

「あんまりの寒さに、冬布団引っ張り出してきて寝たよ~」

そこから10分ほど天気や気温の話をした。

仕事がら、このおじいちゃんは、病み上がりか?何かしらの疾患を抱えてるように見えた。

健やかでは無かった。

80歳前後かな…。

話終え。

その場を離れ。

私が着替え終わる頃に、後ろに車が止まり。

振り返ると、おじいちゃんが笑顔で手を上げて来た。

私も笑顔で会釈を返す。

何となくニュージーやオーストラリアにいた頃を思い出した。

向こうでは、知らない人でも笑顔でハーイ!と挨拶をくれる。

挨拶は無くても、笑顔でいる人が多い。

これが日本に帰ってくると、当たりまえだが、みんな無表情だ。

笑顔で居ると、ニヤニヤ気持ち悪いように見られる。

若い時は、そんな外国かぶれな、私は、みんな、どう思われるか?を心配して無表情にしているように見えた。

腕組みをして、自分を隠し、何がそんなに怖いのか?とか、生意気な事を想像していた。

でも、今日は違った。

思い出した。

娘が出来て

子供や赤ちゃんを連れていると、世の中の大人が非常に優しい事に気が付く。

目つきの悪い私一人だと、今まで誰も声などかけては来なかったが

娘と一緒だと

人の対応が全く異なる。

本当に鏡だと思いだした。

優しく接せられると、人は、もっと優しくしてしまう。

良い考えや行動になる。

けど、目つきが悪いだけで、敬遠されると、もっと敬遠してしまう。

ここに、病原を考えた。

病原は、なにも形ある物ばかりでも無い。

言葉とか、態度とか、そんな物も立派な病原です。

貴方はクズ。もっとクズになろうとする。

貴方は素晴らしい。もっと素晴らしくなろうとする。

貴方の事が大好き。もっと好かれるようになろうとする。

何となく、おじいちゃんの半生を妄想した…。

おじいちゃんも、青年期、幼少期といろいろなかなを生きたんだろうな~。

上手くいげば、私もおじいちゃんになるかもしれない。

見ず知らずの若者に、海は冷たいかい?と聞くのかもしれない。

どんな感じなんだろう?

たまに、思う事が

自分自身の死を想像しておかないと、生き方がズレてくるから、たまに想像する事は良いことだと思ってます。

なかなか上手くは行きませんが、明日死んでも良いように生きる。

死を理解することで生の質が上がるとか・・・。

そんな話もあります。

私も必ず死ぬ。

事故だろうか?

余命は知りえるだろうか?

生まれた以上必ず死ぬ。

それは特別な事では無い。

100%の確率で死ぬ。

自然現象の一つ。

私は無宗教デスが、生まれ変わり。

天国や地獄は、形は違えど、有る物と思ってます。

なので、今までの旅立ちに似ているように思ってます。

別れを告げられる人もいたし、突然会えなくなった人も居る。

別れ。

ネガティブかもしれませんが…。

死生観は、案外大切だと思ってます。

出来るだけいつ死んでも後悔の少ない日々を過ごしたいモノです。

それでは、良き一日を!!

iPhoneからの投稿

-ブログ
-, ,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.