ブログ

湿邪と胃腸。

投稿日:

長いお付き合いの方は、毎年この、湿邪の時期のアドバイスとなります。

胃腸の動きが悪くなる季節です。

食べ過ぎ。
飲み過ぎ。

甘い物。
乳製品。

消化器官など弱る季節なので、どんより、残ります。

大便、不調に致します。

モンモン、イライラ、頭痛などなど。

更に汗をかかない体質の方は、出すべき物を溜め込みます。

胃腸が弱い方は、気をつける時期です。

この時期にヘルニアが出る方も居ます。

後、最後に、競技者の皆さん。

熱中症になりやすい月をご存知でしょうか?

八月?

ノンノン!
ノンノン!

六、七月です。

と言うか、気温と湿度の高い時期の室内競技です。

今日は、自衛隊元レンジャー出身の方とも話ましたが、極限まで追い込めば、自律神経や体温調節は鍛えられ、少ない水分でも、サバイバルトレーニングは可能です。

しかし、皆さんの世代は、自律神経の体温調節中枢に関して言えば、ハウス栽培の様に、エアコンの有る適温育ちの、充分な水分を取り続けて来た世代です。

ある種、その点では、今の時代、特に、マメな水分補給は必要です。

以外とこの時期、死亡例も有る季節ですので、ご注意ください。

足がツルと言う現象も、体内イオンバランスの問題が有る場合が有ります。

イオンバランスが崩れるとケイレンなどが起き、それが内臓、特に心臓で起こると、大変な事になります。

添加物どんと来い!と言う方は、ポカリ。

ノー添加物の方は、粗塩、梅干、ウォーター。

これ、その昔ひたすら走り続けた飛脚の持ち物です。

ケイレンしたら、救急車呼んで、

ポカリ飲ませて。
でっかい動脈を冷やします。
脇の下とソケイブ(コマネチ)古いか?

そして、体調が重要な事は知っておいて下さい。

寝不足、過緊張などなど。

体調が、自律神経や、体温調節、体内の泌尿器科から、発汗まで影響します。

コレを未病の状態から、良くするのが東洋医学的、鍼灸と言う事です。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.