ブログ

背中と足。

投稿日:

膝痛。

アキレス腱炎。

原因は?

新患さんと、久しぶりの患者さんに、似たような質問をうけました。

普通に?

病院や整骨院的な

西洋医学で言われるのは、使い込みより、炎症が起きてる。と言われ。

痛み止め、炎症を抑える薬、シップ、電気、マッサージなどですかね?
痛み止めと一緒に胃薬もですかね?

多くの方がこの治療を受けると思います。

で、分類は、
治る。
若干の改善。
治らない。
改善すらしない。
人によっては、悪化傾向をたどります。

自分的な原因は背中です。
更に深みは、臓器、自律神経、気と言う事です。

レベル1として

足の神経は、何処からでてるかと言いますと、腰や背中です。

アスリートなど、体の状態に敏感で、当院で治療されている方は、理解出来る感覚です。

背中や腰に違和感が出ると、足関係の古い故障も同時に疼きを感じる。

背骨からは、足に向かう神経だけでは無く、腹筋から、背筋、股関節、筋肉と言う筋肉、全て支配してます。

更には、内臓の神経も支配しています。

腰椎の二番目の流れが悪い場合。

オシッコにまつわる症状。
膝、アキレス腱、足底など、詳細に別れますが、関連性を持って出ます。

座骨神経は、胃の不快感、酒を呑んだ翌日、関連性を持って出ます。

さて、上記の方で、原因が臓器や背中、腰の場合。

痛む局所を治療し続けても、原因は改善されない事だと思います。

後は、神経ブロック注射などで、その痛みを脳に伝える伝導路を、遮断する方法かな?と思います。

注射をされた方の治療が倍以上かかる場合があったり、根治しない場合が有るのは、治ってはいないのに、痛く無い状態を手に入れ。

薬や注射も効かない状態まで、神経破壊が進んだと想像したりします。

で、どう治せば良いのか?

それは、治療しながら、アドバイスさせて頂きます。

iPhoneからの投稿

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.