ブログ

スタッフ育成本。

投稿日:

今日も空が出来ました。

先日のスタッフが辞めた事を受け、色々な新しい分野の本を手に取るようになりました。

今日は医療関係の方がご家族を紹介して頂きました。

有難うございます。

で、その方も管理職なのですが、同じですねー!とおっしゃてくれました。
同じ考えが有り、少し救われました。

今の時代の若者に、自分達がされて来たことをしたら辞めてしまう。

部下に上司が気を配る時代。

いつの時代も、今の若者は・・・。と言う話は尽きないのでしょうけど。

やはり10歳も違うと、視点も変わります。

当たり前、普通は、年齢と共に変化して10歳以上離れると、変わりますね。

後、先日は、スタッフと同世代のお子さんを持つお母さんとも話しました。

母親の視点。
そんなところ辞めたほうが良い。

職場から見る、若者の視点の双方の意見が聞けました。
そんなに簡単に辞めて良いの?

長年管理職の、この方からすると、有る時から、新人が変わったと言ってました。

恐らく自分の世代も含まれる頃なのかなー?と思います。

その他にも、経営者やセミナー主催者の方など、厳しい美容師さん、色々な意見が勉強になりました。

この色々な話でわかったのは、昔は、げんこつ、愛のムチ、と言う物が有りました。

それは、今では暴力と言われる様になったのかもしれません。

例え、愛情を込めていても、伝わらなければ、意味を成さない。

後々わかる愛情は、今は、通用しないのかな?

男尊女卑の行き過ぎにより、男性が平等を唱え、何でも割り勘の時代。力仕事も平等?

女性らしさ、男性らしさの伝承の衰退。

可愛い子には旅をさせない。

自分からすると、少し不自然な気もする時代。

凄く皆さんが励ましてくれるのが、ありがたいのですが、自分が正しい指導を出来ていない事に負い目を感じているので、素直に受け止められていません。

人間的に素晴らしいスタッフでした。

技術も時間が許すなら、上達したと思います。

本来、仕事として考えなければ、非の打ち所も有りません。

ゆとりも与えてやれなかったし、やる気も、乗り越えさせてやれませんでした。

なので、自分を励まされても、こう言う時、どうにもこうにも、反省するだけになります。

と言う事で、反省して、時代のせいにして、今のスタッフに出来るだけの事をしていこうと思います。

で、やっぱり納得できたのは、厳しい美容室での話。

鍼灸師も開業しなくてはいけません。

その為に、自分が受けて来た愛情を次の世代に伝えます。

ただ、やっぱり、少し変える必要は有りそうです。

後、時と場合によるのでしょうが、知っていてほしいのは、辞められた方も相当ダメージを受けますね。

で、自分も今更知った気がします。

と言う事で、諸先輩たちに、会いに行って見たくなりました・・・。

スイッチ切り替え、今やるべき事やります。
午後も頑張ってこっ!!

-ブログ
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.