ブログ

ネット女は惚れにくい?

投稿日:

アメーバー記事でこんな物が有りました。

今、「カレは欲しい、合コンには積極的。でも『いい人だな』を超えて好きになる男性がいない」という『恋愛以前』の恋愛の悩みを抱えている人が増えているという。この『惚れにくい病』という症状を、感性アナリストの黒川伊保子さんはこう分析する。

「脳科学的に、幸せを追いかけることに貪欲な女性の脳は、幸せを呼び込む女性の脳とは対極にある。惚れにくい原因はここに関係があるかも。なぜなら女性の脳は、本来は幸せを呼び込む『直感力』に優れたバランスのいい脳だからです。女性の脳は、考える力を司る左脳と、感じる力を司る右脳をつなぐ脳梁(のうりょう)が、男性よりも太いのです」

それではバランスが良いはずの女性の脳が、どうして『惚れにくい病』に?

「昨今はインターネットの普及で日々、圧倒的な言語情報を見聞きしていますよね。すると、ブログやツイッターなどで、ネガティブ情報を目にすることで、ネガティブな考えで左脳を使うことが多くなり、右脳とのバランスが崩れ、本来の直感力が働かなくなっている」

つまり、ネットの普及が『惚れにくい』を誘発していると黒川さんは分析しているのだ。

だが、そんな『惚れにくい病』を治す方法は決して難しくない。「早寝早起き」「言葉や情報をなくす時間を作る」「ささいな喜怒哀楽も意識して表現する」これだけでも、本来の女性脳を取り戻せる。情報の渦から抜け出す時間を少しでも作って、惚れやすい脳を取り戻して!

ココにも有りました。

早寝早起き。
オススメです。

この内容に、へーと思いました。

確かに、どっちが良い悪いでは無く。

知識派の女性と、直感の女性と、バランスの良い女性と居るような気がします。

でも、これって男性にも言えますよね?

自分自身、考えても、知識だけでもダメな気がしますし、直感だけでもダメな気がします。

なんだか自分には、知識の男性が草食系で、直感の男性が肉食系に思えます。

お約束の答えですが、バランスですよね!

にしても早寝早起きするだけで一日の時間がめちゃくちゃ増えた気がします。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.