ブログ

ある患者さん。

投稿日:

以前、縁があり、ある国立大学の人体の細胞のその先?を研究されている助教授の先生の治療をしていました。

その患者さんにいでたちは、いつもリュックにジーパン、Tシャツ。

凄いせまい部屋に住んでいたそうです。

当時で38歳ぐらいだったと思います。

一応病院で頂いている診断名が自律神経失調症。

その後出世して、教授になられ引っ越されてしまうまで治療させて頂いてました。

もう一人の方は、かなり大手の商社の部長さんちなみに自分よりも2歳ほど若い方です。

この方の診断名も自律神経失調症です。

2人に共通している点は、明るくて、行動的で面白い方達です。
ちなみに西洋医学で処方される薬は一切飲んでいませんでした。

調子が狂えば、鍼や漢方を飲む感じです。

ある患者さんが、自律神経失調症は動けなくなる。暗くなる物。と決め込んでいたようなのでご紹介しておきました。

暗いのは病気のせいも一部有りますが一番の要因は性格です。

-ブログ
-,

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.