スタッフ佐々木。

治す事を続ける為に。

投稿日:

こんにちは。
佐々木です。

治癒という定義は個人によってかなり差があったりします。

全く痛くない、可動域はバッチリ、内臓も元気、原因となってるものも改善、ここまできて治癒。

という方もいますし、

そんなに痛くない、可動域は元よりはいいかな、内臓は元々これぐらいだったし、

原因は残ってるけど症状が出てないから良しとする、こんな感じで治癒。

という方もいます。

施術者からすれば、原因が無くなれば治癒と言いたいところですが、

そこまでいくのは根気が要る訳で、

患者からすれば、痛くなくなれば十分というのが割合多い気がします。

痛いのがなくなれば確かに十分なのかもしれませんが、

治療という行動をそこで辞めないでほしいのです。

それは鍼灸とかそういうものではなく、

自身の身体に対してプラスになること、心身が緩むこと、

そういったことを辞めないで下さいということです。

鍼灸でキツイ状態を脱したらそれでオシマイでも構わないのですが、

その先、原因を考えた上で改善させていくことは、

自身の身体とこれからも付き合っていく事を考えれば必須なのです。

そこをないがしろにすれば、恐らくまた症状が出るでしょう。

その症状をまた取って、また出して・・・

これでいいのか。よくないですよね?

商売的なお話でいけばそれが一番いいのだと思います。

が、商売的な話を抜いて、その人自身を考えればそうではなく、

引き続き治すことを考えてほしいのです。

食事を変える、運動する、引き続き鍼灸をする、姿勢だなんだとやりようはいくらでもあります。

ただ、それらが続きづらいというのも確かにあります。

そこで続ける為の工夫として、まずスタート地点の自分の身体をチェックして下さい。

柔軟性、痛み、お腹の調子、便の状態など自分が気にしている部分で、

いくつか項目を作って頂き、明確な目安を置いて下さい。

欲をかけば毎日、でも週1,2でもいいので、少しでも変わっているか比較していって下さい。

治すことを続けられない理由の多くに、変化が分からない、というのがあります。

鍼灸であればこちらが触って、ここが良くなってる、残ってる、触られてる感覚も違ったりしますが、

食事を変えたり、運動したりというのは、ものによっては日々の変化が微々たるもので、

何も気にも留めず、日常生活をただ送ってるだけだと変化に気付かないことも多いです。

変わっているという認識があるだけで継続しやすいかと思いますので、

是非、治すことを辞めずに更に状態を良くして頂き、

楽しい人生を送っていただけたらと思います。

-スタッフ佐々木。
-

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.