ブログ

泣きを見るなら早いほうが良い。

投稿日:

最近、若い青年実業家や忙しい設計士さんなど、タフで期待の大きい社会人の方が続きました。

星を見ても天才タイプのこの方々の注意点は以前にも書いた様に、一歩間違えば雲泥の差が生まれてしまう人生です。

この壁を越えた方は、何かを成し遂げる素晴らしい方だと思いますが、ココまで努力をして絶望に真っ逆さまと言う形も有り得ます。

で、そんな方と、選手の故障も早いほうが良いと言う話になりました。

全身全霊を込め鍛え抜かれる選手の体は、肉体も、精神も、ゆとりが少ない事は、我々の常識です。

もう一つの常識は、若い時に散々泣くような故障を経験して乗り越えた選手は寿命が長く。

故障を知らない選手が、歳を重ねて、初めて泣くような故障をした時は、あっさり消えていきます。

故障を知らない選手は治療法も解らず。消えていきます。

これは、選手に限った事では有りません。

幼少期から何かしらの疾患を抱えている子は体の大切さを早くから知っています。

反面、健康に物を言わせてきた方は、突然死や、ガンなど、いきなり大病をする事も少なく有りません。

今回の方の占いには、聡明な参謀と出ましたので、特に体の状態で、仕事の質が変わる事を話しました。

クォリティーや質を探求したとき、体調は大きな差を生みます。

それはギリギリで有れば有るほどに、その差は歴然とします。

競技も、仕事も、同じ波長を感じる事は良く有ります。

全力で頑張る。

ここで2つの道が有ります。

どんどん追い込んで、壊れて、痛みを抱え、辛く、苦しい状態で頑張る人と

体調に重要性を感じて、休む時は休み、質の良いメンテナンスを選び、聡明な判断をしながら、昨日より今日と日々少しづつでも質を高める人。

鍼灸師的から見る成功者は、もうお解かりですよね?

で、最後に言ったのが、「言っても聞かない人が大半なので、早めに大きな故障をする事ですね・・・。」的な言葉を言ってしまいました。

が、本当に早目が良いんです。

今回も、手足の汗が気になり、手足が冷え、小刻みに震えまで有りました。

自分からすると体は、精神力に、タップ寸前ですよ・・・。

予防医学なんて!
俺はいつ死んでもかまわないとか、ぽっくり逝けば良いかもしれませんが、そんなに簡単じゃない事も良く有る話です。

手や足の動きを失い、言葉を失ったり、下の面倒をかけなくてはいけないかもしれません・・・。

健康を自慢に、体調管理をする虚弱な人を見下げてきたぶんだけ、体の自由が奪われるその時、恥ずかしくて、外にも出られない人も沢山居ます。

そうならないように、是非、ご自愛下さい。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.