ブログ

旅の話。

投稿日:

当院には海外旅行や海外生活を経験されている方多いです。

今日は、ある患者さんが始めて海外に一人旅に出た話を聞きました。

自分もそうですが英語も話せない状態で宿も予約しないで何のつても無く、ニュージーやオーストラリアを旅したのですが、この患者さんも英語も話せない状態で行ったそうです。

昔は、どうにかなるさで行ったもんでだけどねー。

飛行機までは日本出発だから日本人も沢山いたけど、税関抜けた途端、日本人がまったくいない状態で、うわーー!帰りてーーと思ったそうです。

でも、どうにかなるんですよね。

自分達の時代、先輩達がワーキングホリデーなどで海外で働いてきたり、大学生の留学も多かった気がします。

自分が初めてニュージーに行った時、本当に感動でした。

日本は本当に小さく世界は広く、なぜ、日本人は世界に出ない人が多いのかと思いました。

自分はホテルなどと言う物では無く、バックパッカーと言う旅人専門の相部屋で生活していました。

1泊1,000円もしない宿です。

旅の経験者ならわかると思いますが、一人で旅を続けていると、色々な所で人と交わります。
これが、何故か、2人以上になると出会いが減ります。

でも、反対の立場になれば、意外と見えて来たのが、一人の外国人が困っていると、下手な英語でも助けてあげたくなりますが、二人の外国人だと大丈夫だろうと思ってしまいます。

なので色々な経験を積みたければ、一人旅が一番オススメです。

一人で本当に困って、やばい!と思っても必ず人は助けてくれます。

ニュージーで数か月過ごした後、オーストラリアに渡ったのですが、深夜に到着して、当時の荷物が、ニュージーでスノーボードをした後なので、スノーボードにサーフボードにスーツケース。
沢山の荷物を持って宿探しをしたのですが、何処も空が無く途方にくれていました。

深夜で、酔って叫んで盛上がる、デカイ外人たちに、聞き取れない英語で何か言われました(多分、クソ日本人だったと思います。)

やばいかなーと思いながら、公衆トイレに入り、目に入った物。

注射器専用ゴミ箱。

えええええええええーこのゴミ箱って、覚せい剤のですか??と思い。

こりゃ、ゆうちょうにしちゃまずいかなーと思いながらも、夜明けまで、深夜までやっている店の近くで野宿する覚悟でした。

座りこみ続けて数分。

どうしたの?と日本人の方に声をかけてもらい、宿で泊めてもらえました。

若さも有り、自分は海外でであった日本人とはとても仲良くなれるのでフランクに話していました。

年上そうなに、ほぼタメ口で、話もはずみ、その方は、マメに一人で海外に遊びに来ている方でした。

凄く紳士でやさしい感じだったのです。

で、お仕事何してるんですか?と聞いた所、ヤ○ザさんでした。

しかも親分的な方。

おおおおおおお、急に敬語が増えました。

でも、何故か気に入ってもらい、食事から、宿、更にはお小遣いまで頂きました。
お小遣いと言うには多すぎる程。

-ブログ

Copyright© 海陽堂鍼灸治療院 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.